e-人事株式会社は、料金の安さ・診断スピード・親切丁寧な対応をモットーにCUBICをご提供しています

お気軽にお問合せください

受付時間:9:30~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

e-人事 株式会社

077-532-1117

CUBIC適性検査 採用基準を作ろう

採用基準とは?

採用基準とは、採否を判断するための指数です。

どのような人材を採用すればいいのか分からない」と悩む企業さまには、自社オリジナル採用基準を作成することをお勧めします。

下記動画にて採用基準の作り方について説明していますのでご覧ください。

「どのような人材を採用すればいいのか分からない」その原因は?

  • CUBICで大体の人物像は把握できるけど、採用するべきかどうかいつも迷ってしまう。
  • CUBICの判定結果がAだったので採用したが、社風に合わずすぐに辞めてしまった。
  • 募集する職種が営業や事務といった一般的な職種ではないので、採用基準が分からない。
  • 前職での実績が素晴らしかったので採用したが、自社ではいまいち伸び悩んでいる。

このようなお悩みは、“自社で活躍できる人材とはどういった人物か”が明確になっていないことが原因だと考えられます。

 

例えば営業マンを採用する場合、一般的に営業という職種には「積極性」や「達成欲求」などの因子が必要だと言われていますが、必ずしも自社の営業に当てはまるとは限りません。また、前職で素晴らしい実績だったからと言って、同じように自社でも活躍できるとは限りません。


つまり、「自社で活躍できる人物像」を明確にする=自社オリジナルの採用基準を作ることが必要なのです。

 

では、どのような人材が自社で活躍するのか?
そのヒントは、自社内にあります。

自社の社員を分析する

現在働いている社員の中には、「活躍している人材」「伸び悩んでいる人材」がいるはずです。先ほどの営業マンの例で言うなら、「高成績の営業マン」と「低成績の営業マン」です。CUBIC採用基準を作るには、自社内の営業マン全員を社内で評価していただきます。

 

例えば、高成績の営業マンを「評価A」、低成績の営業マンを「評価C」、どちらにも属さない営業マンを「評価B」のように、3グループに分けた社員リストを作成してください。社員リストに基づき、当社が各グループを比較した折れ線グラフを作成いたします。

※上記のグラフは実際にご提供するグラフを簡略化したものです。

そして、この折れ線グラフを元に

  • 高成績の営業マンが共通して持っている因子
  • 低成績の営業マンが共通して持っている因子
  • 2つのグループの格差が大きい因子
     
など、自社の営業マンにとって重要な因子を抽出していくのです。

上のグラフでは「身体性」と「協調性」が、高成績の営業マンの特徴でもあり、2つのグループの格差が大きい因子でもあるので、重要な因子と言えそうです。こうして自社で活躍できる人物像を明確にし、それとともに会社の方向性や思いを総合的に勘案して、自社にとって重要な因子を選んでください
 
例えば、すでに選んだ「身体性」と「協調性」に加え、忍耐力を持ってコツコツ努力できる人材を望む場合は、「持続性」を追加します。その結果、「身体性」「協調性」「持続性」の3つの因子が自社にとって重要な因子、つまり自社オリジナルのCUBIC採用基準となります。
 

今後の採用活動に活かす

採用基準ができたら、実際の採用活動に活かしましょう。

今後、CUBICの診断結果を見る際は、漠然と見るのではなく、採用基準として選んだ因子に注目してください。そして、自社の求めている人物像に近い人材か判断してください

お客さまが採用基準に設定した因子を分かりやすく色で囲んだ状態で診断結果をご納品することもできます。囲ってある因子=自社オリジナルのCUBIC採用基準に注目することで、採否の判断がしやすくなります

 

たとえば、「身体性」「持続性」「協調性」を色枠で囲むと下記のような診断結果となります。2名の受検者ではどちらが求める人物像に近いでしょうか?

受検者Sさんの診断結果

↑3つの因子はどれも数値が高く
求める人物像に近いと言えます。

受検者Kさんの診断結果

↑3つの因子のうち2つが低く
求める人物像とは言えません。

色枠が付くことで、採用担当者が変わった場合なども自社の採用基準が分かるので便利です色枠をご希望の際は、組織診断後、採用基準に選んだ因子(最大10個まで)を当社までご連絡ください。因子を登録させていただきます。

 

因子の登録や、診断結果に色枠をつけてご納品することは無料ですので、組織診断で採用基準を作成した際は、是非ご利用ください。

採用基準 作成の流れ

組織診断に申込む

  1. 組織診断Mもしくは組織診断Lにお申込みください。
  2. 組織診断M・Lでは、お客さまのお好きな分類で折れ線グラフを作成いたします。分類は「社内評価別」を指定してください。
  3. 評価A(活躍している社員)、評価B(普通の社員)、評価C(伸び悩んでいる社員)にグループ分けをした社員リストを作成してください。

「組織診断をするのは躊躇する」と思われる企業さまは、まずは社員に現有社員適性検査を実施することをおすすめします。社員一人ひとりの診断結果を見るだけでも、「どんな人が自社で活躍しているのか」「どの因子が自社にとって重要か」「どんな人を採用すればいいか」のヒントが得られるはずです。その後、組織診断もご検討ください。

※現有社員適性検査の問題用紙は、利用登録後にご案内している問題用紙ダウンロードページからすぐに印刷できます。

比較グラフを受取る

当社が、社員リストをもとに評価A評価Cを比較した折れ線グラフを作成いたします。その他、組織全体の傾向など、組織診断の診断結果をご納品します。

 

重要な因子を選ぶ

折れ線グラフをもとに、「活躍している社員が共通して持っている因子」「伸び悩んでいる社員が共通して持っている因子」「2つのグループの格差が大きい因子」など、自社にとって重要な因子を選んでください。選んだ因子が、自社オリジナルの採用基準となります。

組織診断には、CUBICコンサルタントによる無料電話フォローが付いています。因子選びに迷われたら、電話フォローサービスをご利用ください。CUBICコンサルタントがアドバイスさせていただきます。

今後の採用に活かす

今後の採用でCUBIC診断結果を見るときは、採用基準として選んだ因子に注目してください。自社の求めている人物像に近い人物かどうかが分かり、採否の判断がしやすくなります。

組織診断のページから資料請求をすると、組織診断S/M/Lすべての資料(お申込み手順やお申込書など)をご覧いただけます。まずは資料請求から!

お問合せ・ご相談はこちら

親切・丁寧な対応を心がけております。

お電話でのお問合せはこちら

077-532-1117

CUBIC(キュービック)適性検査について、わからない点やご相談などございましたら、お電話またはお問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。

お客さまからのお問合せをお待ちしております。

受付時間:9:30~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

無料メルマガ配信中!
【e-人事のメルマガ講座】

「診断結果で最初にみるのはどこ?」「定着性は何点以上で合格?」など、CUBICのすぐに役立つ情報をメール配信しています!

当社代表のYouTubeチャンネル

中小企業の人材採用や職場定着に
フォーカスしたYouTubeチャンネル
です。ぜひご覧ください。

e-人事㈱の関連サイト

御社の求人票の改善点がわかる!

採用のプロが無料でアドバイスいたします。お気軽にお申込みください。