CUBICで採用基準を作ろう(組織診断M/L【社内評価別】)

採用基準は「CUBICで大体の人物像は把握できるけど、採用するかどうかいつも迷ってしまう」「どのような人材を採用すればいいのか分からない」といった企業様にとって解決の糸口となります。

 

下記動画にて採用基準の作り方について説明しておりますので、まずは動画をご覧ください。

※動画内にて「採用基準作成サポート」という商品名が出ておりますが、現在は単品での販売は行っておりません。(2018年3月〜)現在は組織診断MもしくはLのセット販売となっております。

組織診断について詳しくはこちら

どのような人材を採用すればいいのか分からない?

CUBICで大体の人物像は把握できるけど、採用するべきかどうかいつも迷ってしまう

 CUBICの判定結果がAだったので採用したが、社風に合わずすぐに辞めてしまった

 募集する職種が営業や事務といった一般的な職種ではないので、採用基準が分からない

 前職での実績がすばらしかったので採用したが、自社ではいまいち伸び悩んでいる

 

このようなお悩みは、“自社で活躍できる人材とはどういった人物か”が明確になっていないことが原因だと考えられます。

 

例えば営業マンを採用する場合、一般的に営業という職種には「積極性」や「達成欲求」などの因子が必要だと言われていますが、必ずしも自社の営業に当てはまるとは限りません。また、前職で素晴らしい実績だったからと言って、同じように自社でも活躍できるとは限りません。

 

つまり、「自社で活躍できる人物像」を明確にする=自社オリジナルの採用基準を作ることが必要なのです


では、どのような人材が自社で活躍するのか?

そのヒントは、自社内にあります。

既存のCUBICデータを分析する

現在働いている社員の中には、「成果を上げている人材」「伸び悩んでいる人材」がいるはずです。先ほどの営業マンの例で言うなら、「高成績の営業マン」と「低成績の営業マン」です。

CUBIC採用基準を作るには、自社内の営業マン全員を社内で評価していただきます。

 

例えば、高成績の営業マンを「評価A」、低成績の営業マンを「評価C」、どちらにも属さない営業マンを「評価B」のように、3グループに分けた社員リストを作成していただきます。

その作成いただいた社員リストに基づき、弊社にてCUBIC受検データを比較した分析グラフを作成いたします。


ホームページ用採用基準グラフ3.jpg

※3グループの線を表示させることも可能ですが、2グループの格差がわかりやすいように
基本的には高成績グループと低成績グループの2本線のみを表示いたします。

※上記のグラフは実際にご提供するグラフを簡略化したものです。実物とは異なります。

 

そして、グラフを元に

 成績の営業マンが共通して持っている因子

 低成績の営業マンが共通して持っている因子

 2つのグループの格差が大きい因子

など、自社の営業にとって重要な因子を抽出していくのです。

 

このグラフの例では、高成績の営業マンには

・「身体性」が高い

・「協調性」が高い

などの特徴があることが見えてきます。


こうして自社で活躍できる人物像を明確にし、それとともに会社の方向性や思いを総合的に勘案して、自社にとって重要な因子を選んでください


例えば、忍耐力を持ってコツコツ努力できる人材を望む場合は、「持続性」を追加します。

身体性 協調性 持続

この3つの因子が自社にとって重要な因子、つまり自社オリジナルのCUBIC採用基準となります

CUBIC採用基準が完成したら・・・

実際の採用活動に活かしましょう!

今後、CUBIC採用適性検査の診断結果を見る際は、採用基準の因子に注目して自社の求めている人材像に近い人物かの判断にご活用ください既存社員の教育等にもご活用いただけます!

組織診断M/L【社内評価別】を実施いただいた会社さま限定サービス

御社の採用基準の因子を分かりやすく色で囲んだ状態で診断結果をご納品いたします。

囲ってある因子=自社オリジナルのCUBIC採用基準に注目することで、採否の判断がしやすくなります

ホームページ用採用基準 棒グラフ3.jpg

 

まずは御社の採用基準に選んだ因子を弊社までご連絡ください。因子の登録をさせていただきます。(ご登録いただける因子の数は最大10個までです。)

その後採用適性検査をご利用いただく際に「因子のチェック」を希望していただくと、御社の採用基準の因子をわかりやすく色枠で囲んだ診断結果をご納品させていただきます。

色枠が付くことで採用担当者が変わった場合なども自社の採用基準が分かり、採否の判断がつきやすくなります。

 

下記2名の受検者がいた場合、どちらが求める人物像に近いでしょうか。

受験者Sさんの診断結果 受験者Kさんの診断結果
受検者S320ピクセル.jpg
3つの因子はどれも数値が高く
求める人物像に近いと言えます。
受検者K320ピクセル.jpg
3つの因子のうち2つが低く
求める人物像とは言えません。


CUBICで採用基準作成を希望される際は・・・

CUBICで採用基準の作成を希望される際は、組織診断MもしくはLをお申込み時に【社内評価別】の分類をご指定ください。

※組織診断M/Lのお申込みには利用登録が必要です。利用登録がお済みでない会社さまは、まずは利用登録をお願いいたします。

≫利用登録はこちら

≫組織診断についてはこちら

▲このページのトップに戻る