ストレス耐性バージョン(採用適性検査・現有社員適性検査)

ストレス耐性 画像.bmp職場にはさまざまなストレスがあります。

ストレス耐性バージョンではストレスを5つに分類し、受検者がどんなストレスにどのくらい耐性を持っているかについて表します。

指数が高いほどそのストレスに対して耐性がある、つまりへこたれずに対応できるということを示し、逆に指数が低い場合はそうした職場環境では実力を発揮しきれない可能性が増すと考えられます。

右図の例では、対人ストレスには弱く、拘束ストレスには強いことが分かります。

 

対人ストレス耐性  人とのコミュニケーションで生じるストレスに対する耐性
この耐性が低い人は人と接することにストレスを感じやすいといえます。職場での共同作業は価値観や作業ペースの異なる人と行うものです。対人ストレス耐性の高い人であれば意見のすり合わせもスムーズで、他人との折衝を楽しみながら仕事や作業を進めることができますが、低い人には神経をすり減らすものになります。協調性や親和欲求などコミュニケーションに関する因子を参考に対人ストレス耐性を算出しています。
目標ストレス耐性  難しい目標や課題に直面したときに生じるストレスに対する耐性

この耐性が低い人は難しい課題に身構えるほうで、新しいことや困難な目標を好みません。競争心に乏しく、できるだけ無難に済ませようと考える傾向があります。この耐性が高いと意欲的で活発な動きが期待でき、自ら高い水準を目指します。この目標ストレス耐性は、自分の力をどれだけ信じられるか、気持ちがなえずにいられるかなども見ています。

繁忙ストレス耐性   忙しいこと、時間や手間がかかりそうなことに対するストレスへの耐性
この耐性が低い人は煩雑さから逃れたい気持ちが強く、忙しい日々が続くと参ってしまうことも考えられます。耐性が高ければ、忙しさを楽しみ、意欲的にこなすことができるでしょう。精神面の強さや責任感の有無はもちろん、根気強く続けられるかということも見極めポイントとなります。
拘束ストレス耐性  組織の決まりや職務上の制約で行動を制限されるときに感じるストレスへの耐性

経営理念や基本方針、職場の取り決めや役割分担など、組織である以上何かしらの決まりごとがあります。この耐性が低い人は決まりや慣習に従うことに抵抗感が強く、自由意志を認められるほうがヤル気になります。耐性が高い人はやってよい範囲が決まっていることに安堵し、その中で力を発揮します。自立心やプライド、あるいは従順性が関係します。

総合ストレス耐性   ストレス全般に対する耐性

この耐性が低い人は困った場面やつらい仕事が続くとくじけやすく、最後までやり通すことが困難になります。耐性が高い人ほど多少のつらさは気にならないといえるでしょう。自分自身を信じられるか、いかなる場面でも気持ちの安定を保てるかなどで総合ストレス耐性を算出しています。

 

問題用紙は通常バージョンと同じものをご使用ください。弊社に診断依頼をする際に、診断結果をどちらのバージョンで出すかをお選びいただきます。


ストレス耐性バージョンの診断結果は、おおまかに言うと、“通常バージョンの診断結果内容+ストレス耐性の項目”が出ます。

よって、通常バージョンかストレス耐性バージョンのどちらにするか迷った場合は、“ストレス耐性の項目が必要かどうか”を基準に選んでいただくことをお勧めします。

 

診断料金ページでは、各種検査の診断料金とともに、診断結果サンプルをご覧いただけます。

通常バージョンとストレス耐性バージョンの診断結果サンプルもそれぞれ掲載しておりますので、どちらのバージョンが自社に合っているか、料金とあわせてご検討ください。

 

≫診断料金・診断結果サンプルはこちら

 

なお、現有社員適性検査も診断結果をどちらのバージョンで出すかをお選びいただけます。

ただし、社員本人へのフィードバック資料「自己分析シート」はどちらのバージョンも同じものとなります。

 

 

▲このページのトップに戻る